知っておくと有利なこと

HOAとは?不動産の資産価値を守る仕組み

大西です。

アメリカには『HOA』という組織があります。

これは「Homeowners Association」の略で、日本でいうと管理組合に近いものです。

各住戸から集めたお金を使って共用施設の維持・管理を行っています。

HOAの目的は住みやすい住環境作りということはもちろんですが、一番は不動産の資産価値を保全することです。日本では外壁塗装など大規模修繕を行っても物件価格に大きく跳ね返って来ませんが、中古住宅が80%以上を占めるアメリカでは、築年数より、建物内部が修繕されていることはもちろん、共用部やエリア全体での管理状況など、現状がどうなっているかが売却価格へ影響を与えます。

そのため、コンドミニアムやタウンハウスといった集合住宅に限らず、戸建て住宅のエリアでも場所によってHOAが存在し、資産価値が落ちないようルール作りが行われているケースもあります。

日本でいうと町内会や景観形成特別区といった感じでしょうか。

日本でも資産価値を下げないよう、小さな戸建てが建たないように敷地の最低面積が決められていたり、外壁の種類が定められている地域があります。

同じようにアメリカでも、HOAがある地域では住宅の壁の色やフェンスの素材、芝生の手入れなどが定められています。

特に芝生の手入れにアメリカ人は敏感です。アメリカの知らない地域に行った時に分かりやすく良いエリアかどうか判断するには、止まっている車の種類と芝生の状態を見ます。つまり資産性を維持するには自分の家の中だけ手入れしてある状態ではなく、どこの家を見ても芝生や外壁の手入れが行き届いているということがエリアとしての価値を高めることに繋がります。

戸建ての場合HOAがあるというのは比較的高級なエリアであり、エリア全体として資産価値が保たれやすいという観点から費用はかかりますが良い面もあるのです。

HOAの費用は通常100ドル〜1000ドル/年くらい、高いところではもっとかかるところもあります。投資目的で購入される方はその金額も含めて利回り計算を行うようにして下さい。

アメリカ不動産投資で知っておくと有利なこと

アルマジラフ