知っておくと有利なこと

お得に外貨両替を行い資産を分散させる方法

大西です。

前回、日本円現預金を金融資産と実物資産に換えること、また外貨でも資産を持つことで分散投資を行うというお話をしました。

そこで今回は、お得に円を外貨に両替する方法をご紹介します。

海外不動産を購入される方で多いのが、今まで貯めてきた円預金を海外送金して決済を行うという方法です。この方法ですと、良い物件が出たタイミングで外貨が上がっており、思っていたより日本円での出費総額が掛かってしまうことがあります。

それを回避するために、常にお得なレートで両替を行い貯めたドル(アメリカの場合)で海外不動産や金融商品を購入するという方法をおすすめします。

両替の方法として、レートを意識されているお客様の中には銀行で常に両替をされている方がいます。

この方法も良いのですが、銀行で両替しますと両替手数料が多く掛かってしまい、両替をするたびに資産が1%ほど目減りしてしまいます。両替手数料は提示レートに含まれているため分かりづらいですが、実は通貨によってかなり取られているのが現状です。海外旅行の資金くらいでしたら良いかと思いますが、不動産購入となると何千万、何億というお金が動きますので、手数料やレートだけでもそれなりの金額になってしまいます。

ですので少しでも条件の良いところで両替をして頂きたいです。

その一番安い方法がFX会社での両替です。

FXはレバレッジを効かせて投資も行えるので危ないと思われている方もいますが、現金をそのまま両替するだけですと何のリスクもありません。そして1米ドルあたり0、03〜0、2円程度の手数料と遥かに安く両替をすることができます。

さらに両替手数用を安くする方法として、FXの現受というものがあります。

通常のFX両替ですとその時のレートで円と外貨の交換となりますが、現受ですとFX取引によって建てたポジションをその時のレートで外貨にしますので為替変動リスクを固定でき、さらに現受は両替よりもさらに手数料が安くなります。

現受が使えるFX会社は現在4社です。

YJFX!

マネーパートナーズ

マネックス証券

上田ハーローFX

YJFX!の手数料が一番安いのですが、最小10万円〜の取引となります。

おすすめはマネーパートナーズで一番実用的なサービスが付いています。

・空港(成田・羽田・中部国際・関西国際)で外貨を受け取れる

・外貨をチャージできるマネパカード(プリペイドカード)で、現地の海外ATMで現受けした米ドルなどを引き出すことが可能。

海外で資産を持とうとお考えの方は、いきなり円で金融資産や実物資産を買うのではなく、まずは待機資産(余剰資産)の中で外貨との分散を行うということをしてみて下さい。

ほとんど手数料がかからない訳ですから、いきなり何かを購入するよりもかなり低リスクで資産を分散することが可能です。

アルマジラフ