知っておくと有利なこと

不動産投資に必要なのは決断力「初めて物件購入を検討している方へ」

大西です。

不動産投資は特別な才能がなくてもルールを守り、必要なことを調べて購入すればある程度誰でも利益を出せる投資だと思います。

しかし、唯一必要な能力を上げるとしたら決断力ではないかと感じます。

良い物件は申し込みが入るまでが早いので、決断力がなければそういった物件を購入することはできません。

不動産を購入するために

セミナーに参加

書籍を読む

ブログを読む

大家の会に参加

なかには高額塾に通っている方もおり知識をつけている方は大勢います。

不動産は事業なので最低限の仕組みを理解することは必要不可欠です。

なんとなく儲かるみたいだから購入しようくらいの方は、かぼちゃの馬車のように騙されてしまうケースもあります。

しかし、知識の付けすぎも厄介です。

知識がついてくると、もう少し回りのことが見えるようになってきて検討要素が増えてきます。

もう少し物件価格が下がってからの方がよいのでは?

オリンピックあとには価格が下るのだろうか?

金利が上がったら手取りが減ってしまうのでは?

この物件よりもっと良いのが出てくるのではないか?

先々の変動要素を上げだすときりがありません。

どれだけ知識があってもある程度不確定要素が付きまとい、不動産業者ですら、「このくらいの金額であれば大丈夫かな?」くらいの感覚で物件を購入しています。

内覧せずに買ってみたら傾いてなんてことも。。

戸数があるので1戸損失がでてもなんとかなるというのもありますが、それでも安く購入できていればなんとか修復して利益を出したりしています。

当然、賃料の下落率や金利上昇などどこまでの条件であればキャッシュフローが残るのか、売却時は最低いくら位で出られるのかなど損益分岐点は計算した上で買付けを入れますが、最終的には思い切りしかありません。

初めて購入される方は、「せっかく貯めたお金で損してしまったらどうしよう」と慎重になります。その気持よく良く分かります。

最初でつまずくと次の資金が貯まるまでに時間がかかってしまい、次の物件購入へと資産を拡大するのに苦労します。

しかし、他の方ともお話をすると1件目から良い物件を購入出来ている方の方が稀でないかと思います。

皆さん、いまならこんな物件買わないとか、スルガではなく公庫でかりたのにとか言っています。

ですがその話もタラレバです。不動産業者との関係が出来ていなかったり、銀行開拓ができていなかったりする状態で、築浅の手間がかからず、一等地でなおかつ収益性の高いお宝物件を不動産業者が紹介してくれ、初対面の銀行がフルローンを付けてくれるなんてことはまずないでしょう。

またそれが良い物件と気が付かない可能性もあります。

経験0からの状態で良い物件は掴めないと思ったほうがよいかもしれません。

最初の段階ではやったことがないことばかりで全て初めてです。

初めて物件を買うことで不動産業を体験し、

退去にともないリフォームを手配し、

リフォーム費用の相場を理解することで築古の物件に手を出せるようになり、

リフォーム費用を借りるための銀行を開拓し、

リフォーム費用を借りた銀行から物件購入の融資を引き、

と繋がっていき、自分のレベルにあった有益情報が入ってくるようになり、銀行、リフォーム、管理会社など協力者も増えていきます。

どれだけ知識を付けたとしても、結局は1件物件を所有し賃料を得た経験には及びません。

物件は悩みますが、まずは

NET利回り10%以上

2000万円以下、

家から30分以内

など条件を決めて当てはまるもので相場以下であるのであれば思い切って決断しましょう。

いきなり大きな鉄筋コンクリートのマンションではなく、

まずは小さいアパートや戸建てまたは区分マンションから

小さく初めて賃貸業を経験しながら、その経験を次に活かして資産拡大してはいかがでしょうか。

アルマジラフ