市況・見通し

アメリカ不動産投資10州における空室率の推移(2000〜2018年)

大西です。

アメリカの不動産投資で対象となっている主要な州を10州ピックアップし、2000年以降の空室率の移り変わりをグラフにしました。

全米平均が2018年時点で約7%ですが、平均と変わらないまたは空室率の低い5都市です。

カリフォルニア州

ハワイ州

コロラド州

ニューヨーク州

オハイオ州

カリフォルニア、ニューヨークは安定の低空室率ですが、コロラド州が思っていたより改善されているようで、注目しています。

下図は、全米平均より空室率の高いエリアです。

フロリダ州

ジョージア州

インディアナ州

テネシー州

テキサス州

注目して頂きたいのは現在ではなく景気の悪い時です。2019年現在では好景気が続いているため、空室率の高い都市と低い都市の差が縮まっていますが、2009年時点では大きく開いています。そのため、2019年以降景気後退局面になると空室率12%〜になる可能性はあるのです。

州全体の平均のため、当然都市によって誤差はあります。2004年頃や2009年頃の都市別の情報も集めて正しい判断をして下さい。

アメリカ不動産投資で失敗する人を減らすよう物件の調査方法を公開していますのでご覧ください。

アルマジラフ