融資

アメリカで銀行口座を開設するには

大西です。

アメリカの不動産を購入する際、賃料の受取のために銀行口座が必要になります。円で受け取ってもよいのですが、賃料振込の度に為替の影響を受けますので、ドルのまま受け取ることをおすすめしています。

ドルで受け取るには日本の銀行の外貨預金口座を作る方法もあれば現地の銀行口座を開設することもできます。

日本の銀行のドル口座

三井住友銀行などのドル建て口座です。日本の銀行窓口で対応してもらえるため安心感がありますが、アメリカの管理会社から家賃を受け取る、また修繕費を振り込むなどの場合にはドル口座ですが海外送金の扱いになるため、1度の振込手数料が5000円前後かかります。

アメリカの銀行口座

現地に口座を開設する手間が日本の銀行のドル口座に比べてかかりますが、送金などのコストを抑えることができます。またインターネットバンキングを通じて香港株・米国株・中国本土株やオフショアファンド・債券・ゴールドなど、日本の銀行では販売していない高度且つ収益性の高い投資商品を割安で、購入することができます。オフショア市場で運用するためキャピタルゲイン課税がなく、預金・証券・保険の効率的な運用による資産形成が可能になります。一方で1年など一定期間口座を使用していなければ口座凍結などのリスクもあります。

アメリカで個人が銀行口座を開設するには、アメリカの社会保障番号であるSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)が必要です。アメリカ非居住者である私達はSSNを所有していないため、現地に行き簡単に口座を開設することはできません。そんなSSNを持っていない方でも開設できる銀行をご紹介します。

ユニオンバンク

日本の三菱東京UFJ銀行が100%出資する子会社です。そのため、日本の三菱東京UFJ銀行の窓口に必要書類を提出することで口座を開設できます。しかし、作ったあとは三菱東京UFJ銀行で送金などの手続きはできませんのでご注意下さい。ロサンゼルスに多くの支店がありますので、現地に行かれた際に作ることもできます。

HSBC

グローバルに展開している銀行で、香港で開設することができます。支店数が多く非常に使いやすい銀行です。一時期投資家を対象に香港で口座を作るツアーが行われていました。

バンクオブハワイ

ハワイに旅行に行かれる方には一番おすすめです。英語が苦手な人にとっては、現地は日系人も多いので日本語対応していただけるスタッフに出会える可能性も高いです。

法人口座

アメリカで法人名義の恋座を持つことも可能です。そのためには日本法人のアメリカ支店を登記するか現地法人を立ち上げて登記した後、口座を開設することが可能です。

アメリカの法人で不動産投資を行うと、売却の際に支払うべき譲渡税を次の物件を購入することで繰り越せる税法を適用することができ資産を大きく膨らませる手法をとることも可能です。

登記に必要な手続きは弁護士の業務範囲のようですが、アメリカの確定申告をお願いしている公認会計士に依頼すると、事務所を登記させてくれ手続きまで代行して行ってくれるところがあります。

法人を設立すると書類が法人住所に届いたり、申告が複雑になるため公認会計士の協力が必要不可欠です。

まとめ

今後アメリカで物件を買い進めて行かれる方や、別の国での金融商品にも投資されたい方はアメリカ現地の口座を開設されることをおすすめします。

アメリカの地方物件を購入するには現地銀行口座があった方が便利

アルマジラフ