確定申告

アメリカでの源泉徴収を避けるには?何もしないと家賃の30%を天引きされます

大西です。

アメリカ不動産を非居住者が購入した場合は、未納税を防ぐために賃料収入から30%が自動的に源泉徴収される決まりになっています。

しかし、日本とアメリカは日米租税条約により、受益者が日本の居住者であれば源泉徴収はされず、日本で課税されることが決まっています。(源泉徴収されないだけで、アメリカで確定申告を行い利益が出た場合には納税義務はあり、アメリカで支払った税金は日本で控除されます)

そのため、

米国非居住者であり、

不動産所得の受益者であることを証明することで、

租税条約の税率軽減や免税を申請するため

手続きを行います。

そのための書類がW-8です。

提出を怠ると、毎月の家賃から30%も源泉徴収されてしまうため(確定申告を行えば戻ってきますが)、アメリカ不動産を購入した場合には忘れずに届出を行いましょう。

アメリカの不動産を購入したときの確定申告の仕方

アルマジラフ