知っておくと有利なこと

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産の固定資産税は日本より高い?

大西です。 日本の不動産と比較するとアメリカ不動産の固定資産税は割高で、投資の場合は特に手取りを減らす大きな経費となります。 アメリカ不動産の固定資産税がどのように決まるのか、その仕組みについて解説します。 アメリカ不動 […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産のクロージングコストと初期費用

大西です。 クロージング(closing)とは、日本で言う決済のことです。 売主は物件の明け渡しを、買主は売買代金の支払いをする日(closing date)に向けて、各種関係機関を含め手続きを進めていきます。 その決済 […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産投資の本当のリスクと回避方法

大西です。 世間一般で言われているアメリカ不動産投資のリスクは実は大した問題ではなく、本当のリスクは別のところだと感じています。 一般的なリスクとは、 空室 人口の増減 家賃滞納 海外送金 米国の確定申告 自然災害 通貨 […]

知っておくと有利なこと

売買代金の送金には東京スター銀行がおすすめな理由

大西です。 アメリカ不動産を購入する際、売買代金を指定されたアメリカの銀行に送金する必要があります。 東京スター銀行から売買代金を送金すると幾分か安く購入できる可能性があるので、その内容についてご説明します。 送金が難し […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産の節税には建物比率100%のコンドミニアムがお勧め

大西です。 アメリカ不動産の購入を検討される方で一番多い需要が節税目的です。 アメリカ不動産というと戸建てを想像される方も多いですが、投資効率を考えると日本のアパート・マンションにあたるコンドミニアムをご提案させて頂くこ […]

知っておくと有利なこと

Appraisal(鑑定評価)が低いと価格交渉できる?

大西です。 鑑定評価が売買価格より低ければ売買契約締結後であっても価格交渉、もしくは契約を解除できるというお話をします。知っていると物件を高値掴みする可能性が低くなりますので参考にして下さい。 売買契約条件 契約の前には […]

知っておくと有利なこと

地下室のある物件は良いのか?2種類あるので要注意!

大西です。 物件を見ているとよく地下に部屋があるものがあります。 建築基準法上、日当たりや通風が一定以上確保されていなければ「部屋」とみなされないので、日本で言う「納戸」のような扱いになり、部屋数に数えられていませんが実 […]

知っておくと有利なこと

収益性が高いアメリカ不動産の法則

大西です。 アメリカ不動産の購入と運用の事例から、手残りが多くなる物件について共通する条件があるので共有します。 結論からいうとそれは ①「広すぎない戸建て」 ②「HOAのかからないまたは低いもの」 です。 実際に取り扱 […]

知っておくと有利なこと

アメリカの地方物件を購入するには現地銀行口座があった方が便利

大西です。 初めてアメリカ不動産を購入するときには日本の銀行の外貨預金口座を作って賃料の受け取り口座とすることが多いです。 最初からアメリカ現地口座を開設しても良いのですが、口座を開設する煩わしさや、維持管理手数料、口座 […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産を購入するときインスペクションは必要なのか?

大西です。 先日お客様に聞かれた内容についての回答を共有します。 「以前に日本の不動産を購入するときにインスペクションを依頼しましたが、正直必要がなかったと感じました。アメリカ不動産を購入するときにもインスペクターに依頼 […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産購入後 設備が壊れたら売主負担で直してもらえる?

大西です。 アメリカでは基本的に売主に瑕疵担保責任がありません。 瑕疵というのは目に見えない傷です。 引き渡された物件に重大な欠陥(例えばシロアリとか木が腐っているなど)が見つかったとしても、 「買主自身が家を調査して納 […]

知っておくと有利なこと

投資家がアメリカ不動産を安く購入できる時期は8月後半から?

大西です。 アメリカでは8月後半から比較的安く不動産を購入することができます。 その理由は、アメリカでは8月下旬から新学期に入るためです。 新生活を見越して、それまでに引っ越しを終え環境を整えたいと考えるのは世界共通です […]

相続

アメリカ不動産の所有権4つ

大西です。 アメリカ不動産の所有権には4つの種類があります。 1.テナンシー・バイ・ザ・セブラルティー(tenancy by the severalty) 2.テナンシー・イン・コモン(Tenancy in Common […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産には境界杭はないのか?

大西です。 日本では戸建てや土地の売買を行う時に隣地との境界の明示を行います。 それはどこからどこまでが売買対象の土地であるかを示す為です。 道路に面した箇所は道路とお隣さんとの塀の境に、家の後ろ側は交差する部分を掘り起 […]