税制

税制

アメリカ不動産 法人の所有形態とリスクまとめ

大西です。 令和2年度税制改正大綱が発表され、2021年以降の日本国内の所得から海外不動産の減価償却の赤字分を損益通算することができなくなることとなりました。 その影響も受けて、アメリカ不動産を法人で取得したいというが要 […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産の固定資産税は日本より高い?

大西です。 日本の不動産と比較するとアメリカ不動産の固定資産税は割高で、投資の場合は特に手取りを減らす大きな経費となります。 アメリカ不動産の固定資産税がどのように決まるのか、その仕組みについて解説します。 アメリカ不動 […]

アメリカ不動産

アメリカ不動産節税は2019年まで?税制改正の気配

大西です。 アメリカ不動産の短期減価償却を使用した節税方法ですが、2020年1月1日以降取得した不動産についてはその対象とならない可能性がでてきました。 ※2019年12月12日に発表された海外不動産に対する税制改正の要 […]

税制

アメリカ不動産投資の為替リスクについて

大西です。 アメリカ不動産投資をすると為替のリスクを伴うという意見があったので、今日は為替リスクについて説明します。 結論からいうと為替といえばリスクでもありますが、それが資産の分散であると言えます。 資産を円だけで所有 […]

税制

アメリカ不動産の購入 個人か法人どちらがよいか?

大西です。 国内不動産も初めから法人で購入されることをおすすめしていますが、アメリカ不動産であってもアメリカで法人を設立し購入するメリットを感じています。 個人で所有するメリットとしては節税効果が上げられます。アメリカ不 […]

税制

1031エクスチェンジを利用した資産拡大方法

大西です。 保有している投資用不動産を売却した際に、購入価格より不動産の売却価格が上回る場合は、保有期間に応じて譲渡税がかかります。(取得費や建物の減価償却費の計算を除く) 日本では10年以上所有した物件を売却した場合、 […]

税制

アメリカ不動産の取得コストは安い

大西です。 日本では不動産を取得するために不動産取得税や登録免許税、印紙税といった税コストがかかります。そのため物件を購入する際には、物件価格の約7%〜の諸費用がかかり、この諸費用を貯めることが投資を行うための第一のハー […]

税制

アメリカ不動産節税による還付金受取り

大西です。 毎月末日までに弊社のお客様には物件の収支報告をさせて頂きますが、そのやり取りをさせて頂くなかでアメリカ不動産を購入された皆様が無事、還付金を受け取れていることを確認できました。 弊社のお客様は経営者や役員、士 […]

知っておくと有利なこと

アメリカ不動産の節税に注意!国内不動産の土地取得利子が損金にならない可能性有

大西です。 アメリカの不動産を購入し、大きな割合を占める建物部分を4年で償却することで不動産所得で赤字を出し、給料所得と損益通算を受けることで還付金を受け取るという節税方法が流行っています。 高所得のサラリーマンの方が初 […]